【C#】【GUI】Prism,ReactivePropertyインストール方法【WPF】【XAML】

2019年8月7日

実装方法だけ紹介しても,アレなので,

導入方法も解説します.

環境

Visual Studioを起動したら,「ツール→拡張機能と更新プログラム」の順にクリックします.

左側のタブをオンラインに合わせて,

右上の検索ボックスに「Prism」と入力し,検索.

「Prism Template Pack」が出てくるのでインストールします.

インストールが完了したら,Visual Studioを再起動します.

再起動が終わったら,「ファイル→新規作成→プロジェクト」の順にクリックにします.

新しいプロジェクトの左側のタブに「Prism」が追加されているので,選択します.

「Prism Blank App(WPF)」を選択し,プロジェクトを作成します.

ウィザードが出てくるので,「Unity」を選択し,「CREATE PROJECT」ボタンをクリックします.

立ち上げ後のファイル構成が次のようになっていればOKです.

次にReactivePropertyをインストールします.

プロジェクトを右クリックし,Nubetパッケージの管理をクリックします.

参照タブをクリックし,

検索ボックスに,「ReactiveProperty」と入力し,検索.

「ReactiveProperty」 を選択し,インストール.

参照が次のようになっていればOK.