【C#】【例外処理】例外クラスを作成する

2019年7月21日

自作例外クラス

例外クラスを作成するには,Exceptionクラスを継承したクラスを作成します.

public class クラス名 : Exception
{

}

今回は文字列に「neu」が含んでいたらエラーを出すようにしてみます.

サンプルコード

using System;

namespace PracticeException
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            string str = "neutechblog";

            try
            {
                if (str.Contains("neu"))
                {
                    throw new MyException("'neu'は入力できません");
                }

                Console.WriteLine(str);
            }
            catch (Exception ex)
            {
                Console.WriteLine(ex.Message);
            }
        }
    }
}

throwしたタイミングでcatch文が処理されます.

using System;

namespace PracticeException
{
    public class MyException : Exception
    {
        public MyException()
            : base()
        {

        }

        public MyException(string msg)
            : base(msg)
        {

        }

        public MyException(string msg, Exception inner)
            : base(msg, inner)
        {

        }
    }
}

オーバーロードでそれぞれの引数に対応できるようにしています.

実行結果

'neu'は入力できません

今回から実行結果がコンソール上に表示される場合,テキストで貼り付ける事にしました.