【C#】【ファイル操作】絶対パス 相対パス part1

2019年7月21日

準備

ファイルを操作するには,System.IOを使うので,usingディレクティブに追加します.

using System.IO;

ファイル,フォルダーの存在確認

ファイルが存在するかどうかを確認するには,FileクラスExistsメソッドを使います.

File.Exists(ファイルパス)

フォルダーが存在するかどうかを確認するには,DirectoryクラスExistsメソッドを使います.

Directory.Exists(フォルダーパス)

戻り値はboolです.

絶対パスで指定する場合

以下の状態で次のコードを実行します.

using System;
using System.IO;

namespace FileControl1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine(File.Exists(@"C:\Test\aaa.txt"));
            Console.WriteLine(File.Exists(@"C:\Test\bbb.txt"));
            Console.WriteLine(Directory.Exists(@"C:\Test\aaa"));
            Console.WriteLine(Directory.Exists(@"C:\Test\bbb"));
        }
    }
}

「\」記号をエスケープシーケンスとして認識させないように,文字列の先頭に「@」を付けます

実行結果

相対パスで指定する場合

コードを実行する前に,現在のディレクトリ(フォルダー)を把握する必要があります.

現在のディレクトリは,実行ファイル(.exe)がある階層になります.

using System;
using System.IO;

namespace FileControl1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine(File.Exists("ccc.txt"));
            Console.WriteLine(File.Exists("ddd.txt"));
            Console.WriteLine(Directory.Exists("ccc"));
            Console.WriteLine(Directory.Exists("ddd"));
        }
    }
}

実行結果